合同会社を設立する方法

一般的に会社設立と言えば株式会社をイメージする人がほとんどだと思いますが、近年合同会社を選択する人も増えていると言われています。
合同会社は新会社法ができてから生まれた新しい会社形態で、これまであった有限会社に代わって登場したものですが、その特徴は有限会社とは異なります。
そこでここでは合同会社を設立する方法とメリットをお伝えしていきたいと思います。

はじめに合同会社を設立するにあたって会社の基本事項となる会社名や会社の所在地、事業目的を決めますが、合同会社は株式会社のように役員という概念がありませんので全員が出資者であり有限責任社員となります。
ということは社員全員が同じ立場で仕事をするということになりますから、重要事項を決めるときには意見がいろいろ出るかもしれません。
したがって最初の段階である程度の筋道をつけておいて、そこから賛同者を募るという形のほうが進めやすいでしょう。

合同会社の全員が有限責任社員になるという点は、万が一倒産してしまったときにも責任を分散できますし、同じ志を持つ人たちが集まって働けるのでやりがいも感じられますから大きなメリットです。
ただ数が多くなるとその分いろいろな意見が出るのは間違いありませんので、そのあたりの対策は練っておかなければならないでしょう。

そして会社設立の流れの中で言えば合同会社は定款の認証が必要ありません。
ですから定款の作成が終わったらそのまま資本金の払い込みを行い、法務局で登記手続きを行います。
さらに登記時に必要になる登録免許税も株式会社は150,000円必要ですが、合同会社は60,000円でできてしまいます。
このように会社設立費用の安さも合同会社の大きなメリットで、設立までの時間を短縮できますから会社スタートまでもスピーディです。
基本的な会社設立の方法は株式会社とそれほど変わりませんが、要所で省けるところがあるので合同会社を選択するのもひとつの選択肢でしょう。