会社設立にかかる費用

これから会社設立したいと考えている人にはどのような方法で進めて行けばいいのかという点と、どのくらいの費用がかかるのかという2点が気になっている人がとても多いです。
初めて会社設立す人にとって会社設立手続きは手続きの種類が多く大変だ、費用がたくさんかかるというイメージを漠然と持っている人もいますし、不必要にハードルを上げてしまっている人もいます。
しかし会社設立は流れさえ把握しておけばそれほど難しいわけではありませんし、費用も個人事業主のときよりはかかりますが事業の規模によっても違います。

まず会社設立の方法ですが、これは会社形態を決めて会社名や会社の所在地、事業内容を決めるところからスタートします。
会社形態は基本的に株式会社を選択するのが一般的で、会社名を決めるときには必ず商号調査を行い、使える会社名かを確認してください。

会社設立について

次に機関設計や資本金の設定をしていきますが、資本金は会社スタートから3カ月程度の運営資金を賄える程度準備しておくのが目安とされています。
したがって会社の規模によって運営資金が変わりますので、明確な金額というよりはこの期間しっかり運営できることを意識した資金設定をするのがポイントです。
そしてこれらをまとめて記載する定款を作成しますが、定款の作成は紙で行う場合印紙代40,000円が必要になります。
電子定款にすると無料ですから、紙で行うよりもこちらのほうがいいでしょう。
株式会社の場合は定款の認証が必要になりますので、認証手数料50,000円も準備しておきます。

それが終わったら資本金の払い込みを行い、法務局で登記申請をしますが登記申請時に登録免許税が必要になり、株式会社の場合は150,000円かかります。
合同会社だと60,000円ですから、登記までにかかる会社設立費用は株式会社で200,000円〜240,000円、合同会社で60,000円〜100,000円ということになります。