会社形態の選び方

今、新たに会社設立を考えている人が増えていると言われていますが、会社設立する人が最初に考えることと言えば会社形態についてではないでしょうか?
新会社法ができたことによってこれまであった有限会社がなくなり合同会社が新たに生まれましたし、最低資本金額の設定も一部の業種を除いてなくなりましたので、会社設立はしやすくなりました。

まず現在日本には株式会社と合同会社、合名会社、合資会社の4つの会社形態がありますが、基本的に選ばれるのが株式会社か合同会社のどちらかです。
と言うのも合名会社と合資会社は個人事業主が集まっただけという形で、メリットがありませんし、身内で組織化しておきたいという以外の目的で選ばれることはまずありません。
したがって会社形態の選び方は株式会社と合同会社の特徴を比較して、メリットが感じられる方を選ぶというのが基本になります。

株式会社のメリットは何と言っても圧倒的な知名度を生かした信頼性の高さ、そして株式を発行できるのでそれを買って貰うことで資金調達ができるという点です。
ビジネスにおいて信頼性の高さは非常に大きな武器になりますし、上場すればさらに開かれ知名度も高くなりますので会社をどんどん大きくしていきたいという野望があるなら株式会社がおすすめです。

一方合同会社は社員全員が出資者であり有限責任社員になりますので、役員という概念はなく全員が同じ立場で働くというのがメリットです。
また会社設立費用も株式会社の半分以下とかなり安くなっていますから、会社設立をしやすいのもメリットでしょう。
設立に至るまでの方法は基本的に大きな違いはありませんが、合同会社の場合は定款の認証が必要ありませんので、設立までの流れを短縮できます。

このように株式会社と合同会社にはそれぞれ特徴がありますので、これから会社設立したいという人はふたつの特徴を比較してみてください。
インターネット上に比較サイトなどもあるので参考にするといいでしょう。