会社設立に必要な資本金

新会社法が施行されてから資本金の設定がなくなったため、会社設立しやすくなったと言われていますが、それでも資本金は会社設立に必要になるお金ですから意識しておかなければなりません。
できるだけ早く会社設立する方法は資本金をいかに効率的に集めるかがポイントになってきますし、逆に言えば資本金が目標額に至らなければなかなか手続きもできないということになります。

資本金とは会社運営に大きく影響する資金ですから、まずはどこにいくら必要になるのかはっきりしておかなければなりません。
またこれから使うであろう資金についても計算しておくと余裕が生まれますので、「必ず使うお金」と「使う予定のあるお金」の両方を踏まえて設定するのが好ましいでしょう。

資本金の目安となるのは会社スタートから3か月程度の運営費を賄える程度だと言われており、まずはこの金額を目標に資金調達してください。
会社スタートしてからすぐに軌道に乗ればいいのですが、新規企業のほとんどは最初からうまくいくわけではありませんし、実績のない企業とすぐに大きな取引をしたいというところも決して多くないので、はじめは苦労することを想定しておかなければなりません。
ですから赤字が出てもそれを補填できるくらい余裕があると精神的にも安定して仕事に望めますから、十分な金額を準備しておきましょう。

ただしたくさんありすぎるから良いというわけではなく、たとえば資本金1,000万円未満の企業は最大で2年間消費税が免除になるという制度もありますので、1,000万円周辺の資本金を設定しようと考えているならこの制度を利用しない手はありません。
消費税は仕入れなどのときにも必ずかかってきますし、年間を通せばかなりの金額になりますから、それが2年間免除されるとなれば大きなコストカットになります。
このように資本金の設定をうまくやることによって、会社設立はスムーズになりますから意識して資金調達してください。